ダイエットと食欲のしくみについて

ダイエット・代謝の仕組み
スポンサーリンク

食欲のしくみ

食欲は、脳の視床下部にある摂食中枢と満腹中枢によってコントロールされています。

●生理的に起こる食欲のしくみ

★血糖値が低下すると食欲がわく

血液中のブドウ糖濃度を「血糖値」といいます。

血糖値は食後上昇しますが、だんだん低下し、やがて空腹時血糖値(血糖値70~110㎎/dl)になります。

この血糖濃度に、脳の視床下部にある摂食中継が反応すると空腹感が生まれ、食欲がわいてきます。

また、血糖値が空腹時血糖の約2倍になると視床下部の満腹中枢が反応して満腹感が生まれ、食欲がなくなります。

★胃壁が縮むと食欲がわく

胃に食べ物が入ると胃壁がのびます。

すると、その変化に副交感神経が反応して満腹中枢を刺激し、満腹感を起こします。

一方、胃の内容物が腸へ送られると胃壁が縮みます。

それには交感神経が反応して摂食中枢を刺激し、空腹感を起こすので食欲がわいてきます。

●感覚的に起こる食欲のしくみ

★おいしい情報は摂食中枢を刺激

食欲は、食べ物の味や見た目・香り・食感・料理を作る音・食事をする雰囲気によっても影響を受けます。

食べ物やその周囲の情報は、口や目・鼻・耳などから神経を介して大脳皮質のそれぞれの感覚野に送られ、味・色・香りなどの情報が統合されます。

その結果と食体験の記憶・知識などが脳の扁桃体という部分で統合され、おいしい・まずいなどの判断がなされます。

こうした情報は視床下部に送られ、おいしいという判断は摂食中枢に伝わるので食欲がわき、まずいという判断は満腹中枢に伝わるので食欲が起こりません。

別腹は脳がつくり出している?

食事をしたばかりでおなかがいっぱいでも、デザートにおいしそうなケーキが出てくると食欲がわいてきます。

これは、おいしそうなケーキの色や形、以前に食べたケーキのおいしかった記憶などが脳の扁桃体で統合されることにより、脳内にドーパミンという快感物質が増えて摂食中枢を刺激するからです。

その刺激が生理的な満腹感にまさると、あたかも別腹があるかのようにケーキを食べてしまうのです。

★生理的に起こる食欲のしくみ

★感覚的に起こる食欲のしくみ


コメント