薄毛・抜け毛・ハゲはここまで判明!最新情報

(番外)育毛・ヘアケア「ワンランク上の育毛シャンプー」
Man worrying
スポンサーリンク

髪の不安を訴える人は急増中!

最近流行りの人気の女性アイドルが登場し、盛んに宣伝しているテレビCMに影響されている訳ではないと思いますが、最近自分の髪の毛が妙に気になりだしたという若い人も多いと思います。

それでなくても、薄毛や抜け毛で若ハゲの不安を訴える若い方は急増しているのも事実です。
そういえば、最近抜け毛が目立つしフケやカユミも結構あるけど、このままいくと俺もハゲの仲間か?ハゲると彼女もできなくなるし、どうしよう・・・このような不安が有る訳です。

しかし、これは俗にいう頭髪不安症候群と呼ばれているものでして、単なる不安ですめばいいものの、男性型脱毛(いわゆる若ハゲ)は進行性であるだけに、なんの手だてもしなければ、数年後には確実にハゲあがってしまいます。

60代、70代の男性ならもう年だから仕方がないかなと諦めができますが、働き盛りの30代、40代、さらには青春真っ盛りの20代ではそうはいきませんね。

ハゲるのは遺伝なんだし、仕方がないよ!
体毛が少なくなるのは進化のあわられでもあるっていうぜ!

気にしても仕方ないから気にしない!
別に死ぬわけでもないんだ!

といった慰めは、かえって本人の悩みを大きくするようなものです。
20代、30代の若い人はもとより、40代、50代の男盛りの壮年でさえ、できるならばツヤが良く黒々とした頭髪をいつまでも維持したいと願っているからです。

それがすでに20代、30代で若ハゲの兆候が目立つなら、その不安や心配はなおさらでしょう。
実際、自分の薄毛が気になりはじめると、他人の視線を気にしすぎたり、引け目を感じたり、容貌に自信を失ったり、人前で話したり、異性と接することを避けたりする人は、案外多いものです。

中には自分に自信がもてなくなり、出社拒否や対人不安に陥ってしまう人もいるようで、そうなるとたかが薄毛・抜け毛・ハゲでは済まされず、悩める本人にとっては人生を大きく左右し、不治の病のように重くのしかかってくるのです。

おすすめヘアケア情報はこちら >>髪に良いヘアケアベスト5

髪によいつもりの手入れで若ハゲを悪化させている落とし穴とは?

厄介なのが、若い人のハゲは初期症状がはっきりしないことです。
ある程度薄毛が進んで初めて、自分の薄毛化に気がづき慌てふためくといった感じなのです。

その上、恥ずかしさからか真撃に相談する相手もいなかったり少なかったりで、本や雑誌に書かれていること(それも正確な情報であればいいですが、アヤフヤなものや俗説も多い)を鵜呑みにして、自己流の勝手な理論武装をしている人が多いのも現実です。

そのために適切なへアケアがなされずに、若ハゲの進行を早めてしまっているケースも少なくありません。
それではどんな高価な発毛剤・育毛剤を使ってもハッキリ言ってムダですね。

抜け方や毛質、体質などによって同じ発毛剤・育毛剤でも効き方は違ってくるし、なによりも自分の状態に合った発毛剤・育毛剤を選ぶ必要があります。

脱毛や薄毛、カツラ、若ハゲ、各種の発毛剤・育毛剤・・・そうした情報が巷に氾濫しているわりには、自分に合った発毛剤・育毛剤をどう選ぶべきか、といった本当に知りたい情報となると極端に少なくなってしまうことでしょう。

若ハゲに悩む人にとって、自分でできる唯一の対抗手段ともいうべき発毛剤・育毛剤選びは、深刻で重大です。だからこそ読んで、その選択や使い分けの指標と同時に、肝心の髪の毛や若ハゲについての正しい知識も学んで下さい。

若ハゲを克服するには、まず若ハゲという敵の実態を正確に把握しなければならなりません。
そのうえで自分のハゲ具合を冷静に見極めることが、薄毛・脱毛対策には欠かせないからです。

敵を知り、己を知れば、百戦危うからずなのであ~る!
まずは巷に流布する、髪の毛やハゲに対する常識のウソ、髪の俗説を正すことからはじめてみましょう!

おすすめヘアケア情報はこちら >>髪に良いヘアケアベスト5

ハゲの原因、常識・非常識?ハゲは遺伝するの?

しばしばいわれるのが、ハゲは遺伝するから、もう無理だよという泣き言です。
たしかに若ハゲは遺伝します、それは本当です、男性型脱毛(いわゆる若ハゲ)は男性に優性、女性は劣性に遺伝します。

しかし、この説は、1916年にオズボーンという人が発表したもので、脱毛と遺伝との関係の家系調査による研究から導き出した結果です。

その後も同じような研究が多くの研究者によってなされおり、若ハゲになる可能性は祖父や父親といった家系の中の男性だけでなく、女性が持つ遺伝因子も考慮にいれる必要があることが分かってきました。

さらに、若ハゲの遺伝因子だけでなく、その因子が発現するかどうかを決定する別の因子(修飾因子)があることも明らかになりました。

つまり、ある遺伝因子があるから、即ハゲる・ハゲないといった単純なことではなく、多くの因子の相互関係によって決定されるという、やや複雑な遺伝形態であることも分かってきたのです。

したがって、薄毛・抜け毛・ハゲは隔世遺伝であるといった説は、明らかに俗説なのですが若ハゲになりやすい体質が遺伝するという事実はたしかです。

遺伝因子の発現がやや複雑であるため、家系調査によって近い将来に、ハゲる・ハゲないを100%言い当てることはできませんが、その可能性だけは示唆できます。

自分の両親や祖父母の頭髪のハゲ具合を思い浮かべることで、遺伝的にみて将来のあなたの頭髪の行方をそれなりに推測できるというわけです。

その可能性の位置付け関しては、○○ページ「現在作成中」に詳述したので見てみて下さい。

おすすめヘアケア情報はこちら >>髪に良いヘアケアベスト5

ハゲの予防、常識・非常識?一度ハゲたらもう元には戻らない?

一度、薄毛・抜け毛・ハゲになるともう治らない?元には戻らないものでしょうかと質問をよく耳にします。
これは何をどうみるかによって答えも違ってくると一旦答えさせて下さい。

多くの髪の毛が抜けてハゲになり、それはもう戻らないと考えているなら、それは発毛のメカニズムを知らない人です。

髪の毛は、その一本一本が生えては抜け落ち、また再び生えてくる、ということをくり返しているのですから。このサイクルを毛周期(へア・サイクル)と言います。

詳しくは○○ページ「現在作成中」に書いていますが、ここで簡単に発毛のメカニズムをみて毛髪は、皮膚の表面から皮膚内部にめくれこんだように埋まっている「毛包」と呼ばれる、管状になった器官の下端に近いふくらみ(毛球)でつくられています。

つまり、ここが毛髪の芽生えるべき場所であり、細胞分裂によって毛をつくり、送りだす工場の役割を果たしています。

この毛髪の製造工場の数は、お母さんのお腹の中にいる胎児のうちに数が決定します。
一般に人の頭髪本数はおよそ10万本から15万本と言いますが、より正確にいえばそれだけ毛包の数があるといえます。

その数は生まれつきに決まっていて、その毛髪の一本一本が成長するにつれて太くなり伸びてはいくものの毛包の数が増えるわけではありません。

成長しても数だけは変わらないのです。
つまり、「ハゲとは毛髪の数が減ること」とでも定義すると、最近では10代後半から本数が減りはじめる若い人も多いからほとんどの人が若ハゲになりますね。

ところで、髪の毛は毛包から全ていっせいに生えるというわけではない事も覚えましょう。
髪の毛が生え、いま現在成長している活動中のもの(成長期)は全体の約90%、残りの10%の毛包はきたるべき発毛に備えて休んでいる(休止期)といわれています。

この人における活動毛包と休止毛包の存在は、イヌやネコの毛の成長具合に参考に考えると理解しやすく、ご承知のように、イヌやネコには「毛の生え替わり」の時期があって、初夏前には冬毛から夏毛に、初冬前には逆に夏毛から冬毛に交代します。

それまで伸びていた毛が、ほぼいっせいに抜けて、新しい毛がこれもほぼいっせいに生えだすのです。
ある一時期にハゲ上がり、また再生するという訳ですね。

つまり、隣り合う毛同士で同じような毛周期(成長➡退行➡休止➡脱毛)がとられているのです。
ところが人間の毛髪の場合には、そのような現象は起きません。

それぞれの毛髪の毛周期(ヘア・サイクル)が同調していなからです。
一本一本の毛にはそれぞれ2~7年の寿命があり、いつ成長をはじめていつ抜けるのか、それぞれが勝手に決めているために、イヌやネコのように、ある時期いっせいに生え替わるということはみられないのです。

つまり、いつもどこかの毛包からは毛が生えていて、どこかの毛包は休んでいるというのがふつうの状態となる訳です。

一般に約90%の毛穴から発毛しているという100万個の毛包を持っている人であれば、9万本の毛が生えている訳です。

いざ薄毛・抜け毛・ハゲが目立ちはじめると、なんとかしなくてはと手っ取り早くはじめられるのが、食事対策でしょう。

あれを食べると「髪の毛にいい」とか「ハゲになりにくい」といったもののハゲ予防で、逆に「ハゲになる」と名指しされる食品もあります。

食品と髪の毛の関係は、マスコミでもしばしば取り上げられているテーマで、もっともらしい理屈がつくので信じやすいのですが、栄養学的にみてマユツバものの俗説が多いのも現実です。

その代表的なものが、「コンブやワカメを食べると髪がフサフサになる」というものです。
なかには「コンブやワカメなどの海草をたくさん食べれば、ハゲにならない」ここまで分かったといったアドバイスがされたりもしています。

たしかに、コンブには比較的多くのヨードが含まれていますし、ヨードには髪の毛のツヤを良くする効果があるといわれて、それは動物実験でも証明されています。

だからといって、人が「コンブを食べれば、髪の毛のツヤが良くなる」というわけでもありません。
コンブの消化と吸収のメカニズムが完全に解明されているわけではないですし、逆にヨードが不足すると髪の毛のツヤが悪くなることは事実ですが、十分に供給すれば髪の毛のツヤが良くなるというものでもありません。

ましてや、ワカメやコンブを食べればハゲにならないというのは俗説であり、定説では決してありません。
おそらく、その色合いや海中でたなびく様子が、黒髪になんとなく似ているという素朴な発想が加わって広まった俗説でしょう。

髪の成分は硬タンパク(ケラチン)が基本ですから、ワカメやコンブよりむしろ良質のタンパク質、つまり肉や魚、大豆に納豆、豆腐などを積極的に食べたほうが理にかなっています。

ある特定の食べ物を食べれば「ハゲない」とか「髪の毛がフサフサになる」といったことは、まず考えられません。

いずれも俗説の域をでないものです。
健康食品がブームになり、「体にいい」とか「○○に効く」といった類の情報が氾濫していますが、種の食品に過剰な期待を抱かせることは慎まなければなりません。

ワカメ、コンブといった食品も、私の立場からすれば、「食べて悪いというものではありませんが、髪にとって過信はむしろ危険といえる」とだけ理解して下さい。

常識的に考えても、バランスの良い食事をすることが肝心であり、詳しくは○○ページ「現在作成中」に書いています。

おすすめヘアケア情報はこちら>>髪に良いヘアケアベスト5

ハゲの遺伝、常識・非常識?白髪の人は本当にハゲにくい?

白髪に関しては、昔から多くのいい伝えがありますね。
例えば、「白髪になる人はハゲない」とか、「白髪は一本抜くと二本に増える」「若白髪の人は長生きする」など昔から語り継がれてきたものが多いです。

しかし、どれもはっきりした根拠があるわけではありません。
いい伝えというのは、概して根拠の暖昧なものが多く、白髪とハゲの関係もそれと同じです。

もちろん、現実に白髪でハゲていない人もいると思いますが、白髪でしかも若ハゲという人も少なからずいます。
冷静に周囲をみれば、事実ははっきりするものです。

「白髪の人はハゲにくい」というのも俗説の一つにすぎません。

おすすめヘアケア情報はこちら >>髪に良いヘアケアベスト5



ハゲの原因、常識・非常識?円形脱毛症は自然に治る?

円形脱毛症は放っておいたら自然に治るものなのか?
私の経験的にいえば、自然に治るケースのほうが圧倒的に多いです。

一つ一つのハゲの大きさが、10円玉くらいかソラ豆のサイズでしょう。
数も一個ないし二、三個で、みるみると広がっていく様子がないものは、円形脱毛症でも「普通型」に属し、治りやすいものです。

ハゲが一個なら放置していても6~7ヶ月程度で治ることが多く、早めに何らかの処置をすれば、3~4ヶ月で治ってしまうから、それほど心配する必要はないといえます。

実際に私の普通型の円形脱毛症を記録していますので、ご覧下さい。
期間は2015年6月10日に気が付いた時に撮影を開始しています。(毎月一度散髪しています)

2015年6月11日

2015年6月13日

2015年6月17日

2015年6月19日

2015年6月20日

2015年6月23日

2015年6月24日(散髪して少しマシになりました)

2015年6月28日

2015年7月1日

2015年7月3日

2015年7月7日

2015年7月12日

2015年7月17日

2015年7月22日

2015年7月26日

2015年7月28日(散髪・徐々に髪が生えているのが分かりますよね)

2015年8月2日

2015年8月4日

2015年8月7日

2015年8月12日にはほぼ目立たなくなったのが分かると思います。

円形脱毛症がある間は十分に、洗髪して頭皮を清潔に保ち、育毛剤を朝夕局所に塗布し、頭部をマッサージして血行を良くするようにして下さい。

このようにする事で最短の3ヶ月くらいで髪が生えてきます。
ただし、なかには「難治性」に属する治りにくい円形脱毛症もあります。

原因としてアトピー体質であったり、ほかの合併症を併発しているケースもあるので注意しなければなりません。
こちらのほうは、ハゲが頭髪の生えぎわにできたり、円形や楕円形ではなく不規則な形で広がっていたり、マユ毛やマツ毛などあちこちに脱毛が飛び火しているようなら要注意です。

もっとも、円形脱毛をみつけた初期の段階で、それが普通型か否かを判断することは、素人ではなかなかできないものですので、あまり素人判断はせずに早めに皮膚科の専門医の診断を受けることをお勧めします。

また、円形脱毛症は伝染するといったいい伝えがありますが、これはきわめてまれな症例として、カビなどが寄生した場合に起こるものです。

ほとんどの円形脱毛症の場合、感染の心配はまずあり得ませんので、心配しすぎないことです。

おすすめヘアケア情報はこちら >>髪に良いヘアケアベスト5

ハゲの遺伝、常識・非常識?毛深い男性はハゲやすいって本当?

若ハゲに男性ホルモンが関係していることは、すでに常識といっていいほどよく知られていますね。
その内容は、詳しくは○○ページ「現在作成中」に書いています。

上で詳しく述べるとして、大きな関係を持つハゲと男性ホルモンではありますが、それが少し間違って理解されているようで、「毛深い男性はハゲやすい」「男性ホルモン過剰タイプの男性はかならずハゲる」といった俗説を生むことになっています。

ご存じのように男性ホルモンには、体を男らしくする作用があります。
発毛に関しても、あごヒゲ、口ヒゲ、胸毛、手足の毛、陰部下方とへソを頂点とした三角形・菱形の発毛など、男性特有の毛の発育を促進するが、男性ホルモンです。

ところがこの男性ホルモンは、頭髪、とくに前頭部、頭頂部の毛に対しては逆に作用し、頭髪の発育を抑え込んでしまうのです。

男性ホルモンの分泌量は、思春期に向けて増えはじめ、25歳前後にピークとなり、その後は少しずつ減っていきます。

その経過のなかで、男性ホルモンが一定のレベルに達したとき、ハゲがはじまると考えるようになったようです。
毛深い男性は、それだけ男性ホルモンの量が多いはずだから、ハゲやすいという訳ですね。

一見、納得してしまいそうだが、これが誤解の元です。
ハゲと男性ホルモンとの関係は、単にホルモンの量の多少ではなく、頭髪の細胞レベルでの感受性の問題であることが判明しています。

つまり、ホルモンの量の問題ではなく、毛をつくり出す毛包が男性ホルモンに対してもっている感受性の違いが、ハゲになるか否かを決めるのです。

発毛や脱毛に関して、男性ホルモンと毛髪とのあいだには、そうした細胞レベルでの関係があるのであって、男性ホルモンの量の多少によってハゲるか否かが決まる訳でもないのです。

そうなると、男性ホルモンの量の違いを前提にした、「男性ホルモン過剰タイプの男性はかならずハゲる」といった説も、興味のわくテーマではありますが、残念ながら説得力は全くなくなってしまいます。

おすすめヘアケア情報はこちら >>髪に良いヘアケアベスト5

ハゲの予防、常識・非常識?フケの多い人はハゲますか?

フケは頭皮の角質細胞が剥げ落ちたもので、元々皮膚をつくっていた細胞ですが、つながりを失った時点で不用なアカとなります。

ここに皮脂や汗からの分泌物がまじって、悪玉の細菌が繁殖しやすい環境をつくってしまう。
フケがたまるとカユミがでるのはそのためで、細菌やカビが繁殖する温床となりやすく、頭皮の炎症や腫れを引き起こす場合もあります。

それだけではありません、カユミから引っかいたりすると頭皮が傷つき、毛根部分が傷つくと血行障害が起こりやすくなります。

それやこれやで、フケがたまると頭皮が発毛しにくい環境になってしまいます。
つまり、フケの多い人は髪の毛を大事にしていない証拠でもあり、フケをためる・ハゲになりやすい環境を自分からつくっていることになるのです。

フケの多い人はハゲるというのも、それを反面教師として、フケをためないよう、フケは早め早めに処理すべきです。

おすすめヘアケア情報はこちら >>髪に良いヘアケアベスト5

ハゲの予防、常識・非常識?髪を洗い過ぎると抜け毛が多くなるの?

「シャンプーのしすぎは髪によくない」「洗うたびに髪が抜けるから、なるべく洗髪しない」そういう人が意外に多いのに驚くことがありますね。

洗髪をしないとどうなるのか?
それは上で書いたように、頭髪を清潔に保ち、フケをためないためにも、早め早めの洗髪は欠かせません。

長いあいだ洗髪もしないで放っておくほうが、毛髪の成長に悪い影響を与え、若ハゲを助長することになるのです。

その意味で「シャンプーのしすぎは髪によくない」という考えは明らかに誤解です。
洗髪のたびに抜け落ちる髪の毛の恐怖心からか「洗髪をしすぎると髪の抜けが早い」という俗説への根強い支持があるようですが、その根拠として、洗髪のしすぎによってシャンプーが皮膚や毛根を傷めるといった解説がされます。

もちろん、その可能性がないとは言いませんが、洗髪をしないことによる、皮脂の蓄積や汚染のほうが、ずっと毛髪へのダメージは大きいのです。

「洗髪しすぎると早くハゲる」なんてことは俗説にすぎないのですから、まめに洗髪することをオススメしています。

洗髪のたびに抜け毛が多くみえるのも、シャンプーしたくらいで抜けるものであれば、遅かれ早かれ抜ける運命にあった休止期の髪であり、心配は無用です。

むしろ、髪の毛のためにも正しい洗髪の仕方をマスターし、あなたの体質に合ったシャンプーやリンスやコンディショナーを選ぶことです。

詳しくは○○ページ「現在作成中」に書いています。

おすすめヘアケア情報はこちら >>髪に良いヘアケアベスト5





コメント