ダイエットと糖アルコールの関係について

スポンサーリンク
ダイエット・話題の機能性成分・注目の有効成分

ダイエットと糖アルコールを正しく理解

スポンサーリンク

糖アルコールとは

虫歯予防効果がある低エネルギーの甘味料。

食品添加物として利用されているものもあります。

糖アルコールの特徴

ブドウ糖などの糖を還元させてできる

★低エネルギーの甘味料として

糖アルコールとは、糖類を還元させてできる化合物のことで、キシリトールソルビトールマルチトールなどがあります。

果物などにごくわずかに含まれていますが、ほとんどは人工的に作られたものです。

糖アルコールの特徴は、消化されにくく、吸収されてもほとんどエネルギーとして使われずに排泄されて、わずかなエネルギーしか発生しません。

そのため低エネルギーの甘味料として利用されています。

キシリトールの説明はここをクリック)
ソルビトールの説明はここをクリック)
マルチトールの説明はここをクリック)

★菓子や清涼飲料に利用

特に菓子類や清涼飲料類の甘味料として使用されており、「低エネルギー」や「ノー(ノン)カロリー」をうたった製品によく使われています。

ノンカロリーの説明はここをクリック)

糖アルコールの働き

虫歯を防ぎ、口内の環境を整える

★虫歯の原因となる酸をつくらない

キシリトールをはじめとする糖アルコールは、ショ糖などの糖類とは違い、食べた後に口の中の細菌の栄養源になりません。

また、虫歯菌の巣である歯垢ができにくく、歯のエナメル質が溶ける原因になる酸もつくられません。

そのため虫歯の原因にならない甘味料としてチューインガムやチョコレートなどに利用されており、これらの製品は特定保健用食品(トクホ)に認定されています。

虫歯菌の説明はここをクリック)
特定保健用食品の説明はここをクリック)

★低エネルギーで血糖値を上げない

糖アルコールは砂糖に比べるとエネルギーが低く、食べてもインスリンの分泌を促しません。

血糖値を上昇させにくいため、高血糖の人の代替甘味料としても有効です。

ポイント!

オリゴ糖や糖アルコールは人工甘味料ですが、血糖値を上昇させないのは、糖アルコールです。

上手に活用しましょう。

虫歯を防ぐメカニズム

キシリトールなどの糖アルコールは虫歯の原因である酸の産生を防ぎます。

・虫歯菌(ミュータンス・レンサ球菌)が活性化しない

・糖アルコールは口の中の細菌の栄養にはならない

・歯の工ナメル質を溶かす酸が産生されない

・歯垢ができにくくなる

虫歯予防

虫歯の心配がない「歯に信頼」マーク

歯科医などの専門家によって設立された日本トゥースフレンドリー協会では、虫歯になりにくいお菓子に「歯に信頼マーク」の認定をしています。

口腔内のpH値(酸・アルカリ度)が低いと虫歯菌が繁殖しやすくなりますが、この認定を受けたものは、食べて30分以内にpH値5.7以下にならないというものです。


コメント