ダイエットとオリゴ糖の関係について

ダイエット・話題の機能性成分・注目の有効成分
スポンサーリンク

ダイエットとオリゴ糖を正しく理解

オリゴ糖とは

オリゴとは、少ないという意味で、単糖が2~20個結合したものと、腸内で善玉菌の栄養になるものがあります。

オリゴ糖の特徴

難消化性のオリコ糖に機能性がある

★消化されずに大揚まで届く

オリゴ糖(少糖類)とは、糖質の最小単位である単糖類が2~20個結合したものの総称です。

なかでも消化吸収されにくく大腸まで到達するタイプのオリゴ糖の健康機能が注目されています。

こうした難消化性のものにはフラクトオリゴ糖、ガラクトオリゴ糖、パラチノースなどがあり、おなかの調子を整える特定保健用食品に認められています。

フラクトオリゴ糖の説明はここをクリック)
ガラクトオリゴ糖の説明はここをクリック)
パラチノースの説明はここをクリック)
特定保健用食品の説明はここをクリック)

★天然の食品からとるのは難しい

オリゴ糖は、野菜や果物、牛乳などにわずかに含まれていますが、食品からは健康機能が期待できるほどの量をとることはできません。

オリゴ糖として市販されていたり、食品に添加されているものは人工的につくられたものです。

ポイント!

サプリメントを上手に活用しましょう。

健康機能の説明はここをクリック)




オリゴ糖の働き

腸内の環境整備に大切な役割を担う

★腸内の善玉薗を増やす

オリゴ糖は消化吸収されずに大腸まで到達し、善玉菌であるビフィズス菌の栄養源になって善玉菌を増やします。

善玉菌が増える過程でオリゴ糖が発酵分解されると、酢酸などの有機酸がつくられるため、腸内が酸性に傾きます。

するとウェルシュ菌などの悪玉菌が生息しにくくなり、腸内の環境がよくなります。

また、腸を刺激して蠕動運動を活発にするため、便秘の改善や予防にも有効です。

(ただしとりすぎるとおなかがゆるくなります)

ウェルシュ菌の説明はここをクリック)

★代替甘味料としても有効

難消化性のオリゴ糖は、消化吸収されにくいため、エネルギー源として使われるのはわずかです。

そのため血糖値を上げにくい甘味料としても利用できます。

ポイント!

とても優れた甘味料ですので、ダイエットから日頃の糖質制限職にはオリゴ糖がおすすめです。

オリゴ糖の種類と機能

難消化性のオリゴ糖は、ビフィズス菌を増殖させるため、腸内環境の整備に有効です。

フラクトオリゴ糖

ショ糖に1~3個の果糖がついたもの。

大腸内でピフィズス菌を増やし、便秘の改善などにも有効。

ガラクトオリゴ糖

乳糖に酵素を作用させてつくられる。

ビフィズス菌を増やし、タンパク質の吸収を助ける。母乳に含まれる。

トレハロース

熱や酸に強い性質があり、食品の変性防止に使われる非還元性二糖類。

虫歯を防ぐ機能を持つ。

イソマルトオリゴ糖

はちみつ、みそ、しょうゆなどに含まれる。

甘みだけでなく、食品にうま味やこくを与える。

パラチノース

ショ糖を原料に人工的につくられる。砂糖の半分の甘みがあり、代替甘味料として使われる。

虫歯になりにくい。

大豆オリゴ糖

大豆に含まれるオリゴ糖の総称だが、ほかの豆類にも含まれる。

少量でもビフィズス菌の繁殖に効果がある。


コメント