ダイエットとタンパク質の関係について

スポンサーリンク
ダイエット・栄養素の基礎知識(タンパク質編)

ダイエットとタンパク質を正しく理解

スポンサーリンク

タンパク質とは

筋肉や臓器など体を構成する主成分として重要です。

また、「プ口テイン」はギリシャ語の「第一のもの」が語源です。

血圧とナトリウムはとても関係が深いので、正しい知識をダイエットや健康管理を行いましょう。

タンパク質とは20種のアミノ酸で10万種類を構成しています。

タンパク質は、アミノ酸が多数結合した高分子化合物のことで、炭素・水素・酸素のほか、窒素やイオウを含むのが特徴です。

アミノ酸の種類や量、配列順序などによって、タンパク質の形状や性質、働きは異なります。

人の体は約10万種類ものタンパク質で構成されていますが、これらはわずか20種のアミノ酸によってつくられています。

アミノ酸だけで構成される単純タンパク質と、アミノ酸以外の成分も含む複合タンパク質に分類されます。

ポイント!
タンパク質を極端に制限して自己流ダイエットを行っている方も多いのではないでしょうか。
しかし、これには注意が必要です。
特に女性の方に意識してほしいのですが、タンパク質はこれから妊娠を望場合や健康管理からも筋肉・皮膚・髪の毛などを作る重要な栄養素となります。
もう少し詳しく記載しますが、タンパク質は私達ので作ることができない必須アミノ酸が多く含まれており、タンパク質が不足しだすと、肌荒れ・髪の毛が痛む・内臓機能低下等から冷え性の原因となります。

タンパク質の性質を医学的知見から説明を行い、誰にでも分かるようにしています。

下に記載していますので読んで下さい

美肌効果ここからが1番大切だと言えるのかも知れませんね。
タンパク質が減ると当然に筋肉も減ります。
その結果、肌のたるみを起こし、代謝の機能低下から痩せにくい体質へとなります。
また、極端なタンパク質制限ダイエットでタンパク質の不足は、ホルモンバランスが崩れますので、注意が必要です。
ダイエット中でもタンパク質は十分に摂り込み、ホルモンバランスも維持しながら健康美人になれるように心がけて下さい。

それともう一つ注意して下さい。
タンパク質をプロテイン系で補っている方が多いのです。
プロテインを摂取していて、便秘になった事はないですか?
簡単に記述しますが、健全であればタンパク質は胃で分解し十二指腸でペプチドとなり、小腸でアミノ酸に分解されて、腸壁で吸収されます。
この悪循環により、便秘になりオナラの臭いの原因でもあります。

タンパク質の生理作用

体をつくる主成分で酵素・ホルモンにも関与しています。

タンパク質は、筋肉や臓器など体を構成する最も重要な成分で、酵素・ホルモン・免疫抗体などの原料にもなります。

リボタンパク質として栄養素の運搬にも関与しています。

リポタンパク質の説明はここをクリック)

タンパク質が過剰になると

とり過ぎは腎臓に負担をかけます。
タンパク質には糖質や脂質のように体に貯蔵する仕組みがなく、過剰分は尿へ排泄されます。

そのため、腎臓に負担をかけ、腎機能障害につながる恐れがあります。

尿中カルシウム排泄量も増加し、骨粗しょう症にもつながります。

タンパク質が不足すると

免疫力の低下や成長障害を起こします。
タンパク質が不足すると、人体を構成するタンパク質が分解されて不足分を補うため、体力や免疫力が低下します。

血管が弱くなり、脳卒中の危険も高まります。

子どもでは成長障害を起こします。

ここは大切です!

脳卒中の危険性や子供では成長障害が起きるのです。

安易な知識は厳禁ですので、ページの最後に詳しく医学的知見から誰にでも分かるように説明しています。

強固な結合力でタンバク質はつくられています。

アミノ酸1分子のアミノ基と、もう一方のアミノ酸1分子のカルポキシル基が脱水反応することを「ペプチド結合」といいます。

タンパク質はアミノ酸がペプチド結合で多数つながったものです。

ペプチド結合はこわれにくく、タンパク質を完全にアミノ酸に分解するには塩酸に溶かして加圧釜で1~2 日煮る必要がありますが、胃腸内の消化酵素なら容易に切断できます。

タンパク質の構造

タンパク質まとめ

構造       :アミノ酸がペプチド結合により多数つながった高分子化合物とその関連物質
生理作用     :筋肉、臓器などの構成成分。酵素、抗体、ホルモンの原料となる
供給源      :肉、魚介、大豆、卵、牛乳など
とり過ぎた場合  :腎機能障害、カルシウム排泄量の増大
不足した場合   :体力・免疫力低下、成長障害、脳卒中
1日の摂取基準  :成人男性 60g 成人女性 50g

タンパク質の変性

熱・酸・アルカリなどによって、タンパク質の立体構造がくずされ、形か‘変化するのを「変性」いいます。

生卵がゆで卵に変わるのは、熱による変性の一例。

タンパク質の1日摂取基準

妊娠初期は+0・中期は+5末期は+25、授乳婦は+20を付加する。

タンパク質の種類

 


コメント