ダイエットとビタミンAの関係について

スポンサーリンク
ダイエット・栄養素の基礎知識(ビタミン編)

ダイエットとビタミンAを正しく理解

スポンサーリンク

ビタミンAとは

皮膚や粘膜、目の健康を維持するたに不可欠なビタミンで、抗酸化力を持つことでも注目されています。

ビタミンAの生理作用

感染症の予防や強い抗酸化力

★老化やがんの抑制効果

ビタミンAは、皮膚やのど、鼻、肺、消化管などの粘膜を正常に保つ働きをするため、感染症を予防し、免疫力を高めることにも役立っています。

ビタミンAによる発がん抑制作用も多くの動物実験により認められています。

ビタミンA前駆体β-カロテンは、抗酸化力を持ち、有害な活性酸素を消去し、老化やがんの抑制に働きます。

ビタミンA前駆体の説明はここをクリック)

★うす暗がりで光を感じる力に関与

ビタミンAは目が光を感じるのに必要な網膜の色素ロドプシンの主成分です。

ロドプシンは暗い所でもわずかな光に反応してこわれ、脳に刺激を伝えた後、元の形に再生されます。

この過程を暗順応といい、映画館などでよく経験します。

多いと、体内での合成量が減るようにうまく調節されています。

暗順応の説明はここをクリック)

ビタミンAが過剰になると

頭痛や嘔吐、先天異常につながります。

ビタミンAは脂質性のため、摂り過ぎると体内に蓄積し、脳圧高進症(嘔吐や頭痛などの症状)、骨障害、脂肪肝などの過剰症が起こります。

妊娠初期に摂り過ぎると、胎児の奇形が増えることも確認されています。

β-カロテンは、体内で必要に応じてビタミンAに変換されるので、過剰症は起こりません。

先天異常の説明はここをクリック)

ビタミンAが不足すると

感染症にかかりやすなります。

ビタミンAが欠乏すると皮膚や呼吸器の粘膜が弱くなり、感染症にかかりやすくなります。

また、暗がりで目が見えにくくなり、ひどくなると夜盲症になります。

子どもでは成長障害を起こします。

夜盲症の説明はここをクリック)

「β-カロテン」は小腸壁でビタミンAに変わる

緑黄色野菜の色素成分のβ-カロテンは、吸収されるときに小腸壁で酵素によってビタミンAに変換されるため、ビタミンA前駆体とも呼ばれます。

β-カ口テンはビタミンAが2個結合した形をしており、β-カロテン1分子からビタミンA2分子がつくられます。

体内におけるビタミンAの必要量に応じて、部分的にビタミンAに変換されます。

ビタミンAまとめ

化学名・別名    :スレチノール、βーカロテン
性質        :淡黄色、脂溶性、光・熱・酸素に弱い
生理作用      :網膜色素の成分、皮膚・粘膜を健康に保つ、抗がん作用
とり過ぎた場合   :脳圧高進症、骨障害、脂肪肝、妊婦では胎児に奇形や流産
不足した場合    :夜盲症、成長障害
1日の摂取基準   :成人男性 850ugRE 成人女性 650~700ugRE 男女上限 2,700ugRE

ビタミンAの上手なとり方

β-カロテンは油脂といっしょとると吸収率がアップします。

動物性食品に多く含まれるビタミンAは、どのような食べ方でもよく吸収されます。

緑黄色野菜に多いβ-カロテンは、腸管からの吸収率がビタミンAの約3分の1で、さらに脂肪含量や調理法によって吸収率が10~60%と大きく異なります。

脂溶性のため野菜は、生よりは油脂といっしょに調理して摂ると小腸での吸収率が高まります。

ビタミンAの1日摂取基準

ビタミンAを多く含む食品

卵や牛乳、チーズにも多く含まれる。

β―カロテンは緑黄色野菜に多い。


コメント