ダイエットと糖質の種類の関係について

スポンサーリンク
ダイエット・栄養素の基礎知識(糖質編)

スポンサーリンク

糖質の種類と用語を正しく理解する

糖質の最小単位は「単糖」。

その結合数によって少糖類や多糖類に分類され、体内での働きもそれぞれ異なります。

糖質の種類

単糖類、少糖類、多糖類の3分類

単糖類

1個の糖からなるものを単糖といい、生物にとってはおもに「六炭糖」と呼ばれる炭素を6つ含むものが重要です。

★ブドウ糖(グルコース)

穀類や果物に多く含まれ、栄養学上、最も重要な糖質です。

血液中に血糖として一定濃度(約0.1%)で含まれ、エネルギー源として利用されるほか、多くの生理作用に関与します。

ブトウに多く含まれていることが名称の由来です。

★果糖(フルクトース)

果汁に多く含まれることから、果糖と呼ばれます。

花のみつにも多く、はちみつの固形成分の約半分は果糖です。

★ガラクトース

乳糖の構成成分で、乳汁に多く含まれています。

植物中には存在しません。

少糖類

単糖が2~10個結合したものを少糖類といい、結合数によって二糖類、三糖類などと呼ばれます。

★ショ糖(スクロース)

ブドウ糖と果糖が結合した二糖類です。

砂糖の主成分で、さとうきびやてんさいに多く含まれています。

★麦芽糖(マルトース)

ブドウ糖が2分子結合した二糖類で、麦芽や水あめに含まれているほか、デンプンが分解されたときに生じます。

★乳糖(ラクトース)

ブドウ糖とガラクトースが結合した二糖類で、動物の乳汁に含まれ、乳幼児の重要なエネルギー源となります。

母乳には5~7%、牛乳には約4%含まれます。

★オリゴ糖

オリゴは「少し」の意味。

消化酵素によって分解されず、腸内ビフィズス菌などの有益菌の栄養源になるものがあります。

特定保健用食品としてフラクトオリゴ糖、イソマルオリゴ糖、大豆オリゴ糖、ガラクトオリゴ糖などがあります。

(特定健康用食品の説明はここをクリック)

多糖類

単糖が多数結合した高分子化合物です。

★デンブン

ブドウ糖が多数結合した植物性の貯蔵多糖類で、穀類やいも類に多く含まれています。

直鎖状のアミロースと枝分かれしたアミロペクチンがあり、後者は水を加えて加熱すると、粘りけを生じます。

★グリコーゲン

ブドウ糖が多数結合した動物性の貯蔵多糖類で、肝臓や筋肉に多く含まれています。

アミロペクチンとよく似た、枝分かれした構造をしています。

★その他の多糖類

植物の細胞壁の主成分であるセルロース、果物や野菜に多いペクチンなどは、難消化性多糖類または食物繊維と呼ばれます。

(食物繊維の説明はここをクリック)
糖質の種類

糖質は太りやすい?

とても良い疑問です。

正しくもあり、間違いでもあります。

糖質の違いを考えましょう。

果糖をとると太りやすいと言い切るのは、よくありません。

砂糖や果物に多く含まれる果糖は、体内で脂肪に変わりやすい性質を持っています。

果糖は肝臓にあるフルクトキナーゼという酵素によって分解され、最終的にエネルギーとして利用されますが、一部は脂肪酸や中性脂肪の合成に利用されます。

同じ糖質をとるなら、フドウ糖だけを含む穀類やいも類のほうが太りにくくダイエット向きです。

甘味度の違い

 

 


コメント