1. TOP
  2. №3主婦・OL・サラリーマン・社会人の方々へ!|歯科衛生士の仕事内容|学生~未経験者でも理解でき、社会経験者は歯科医院に好まれすし、必要です

№3主婦・OL・サラリーマン・社会人の方々へ!|歯科衛生士の仕事内容|学生~未経験者でも理解でき、社会経験者は歯科医院に好まれすし、必要です

 2017/05/27 歯科衛生士,目標,支援
この記事は約 5 分で読めます。 590 Views

社会人・社会経験者は歯科衛生士に必要!

歯科衛生士目指す多く方は、高校卒業後に専門学校や短大・4年制大学等を選択して、卒業して歯科衛生士の免許を取得します。ですが、一度社会経験を積まれてから専門学校等に入学して歯科衛生士となる方も沢山おられ、年々増加しています。

歯科衛生士の仕事内容とは!

歯科予防処置
歯が無くなる原因は虫歯と歯周病の二つだと言えます。このような疾患を予防する業務を歯科衛生士が行います。
どのような事を行うかは、歯垢(プラーク)や歯石といった口腔内の汚れの取り除き、虫歯の予防の為にフッ素等の薬を塗布します。
歯石は患者様自身が除去でできない為、歯科衛生士が専用の器具を使って除去します。
むし歯と歯周病を予防することが大切であり、その要予防のスペシャリストと言えます。

歯科診療の補助
歯科診療は、概ね歯科医をトップとしたチームで医療を行います。そのような過程で歯科衛生士は歯科医の診療を補助し、歯科医から指示を受け、歯科治療の一部を担当します。(私は歯科衛生士に指示される事もしばしば・・・)
一言で補助やサポートと言いましても、医療以外にも他の業務がございます。それは、診療器具の滅菌作業や準備・レントゲン撮影の補助等です。また、当然ですが歯科医院内の清掃や受付業務もします。(いつの間にか外回りのホウキは私の仕事へと・・・)
診療報酬請求事務も歯科衛生士の大切なお仕事です。

歯科保健指導
虫歯や歯周病は生活習慣病ですので、何よりも大切なことは日頃の歯ブラシです。
だからこそ、治療よりも予防が重要で、加えて患者様自身が生活習慣を改善することが最も大切です。
その、正しい生活習慣となれば、現実的には、歯科衛生士の指導が必要不可欠となります。
外回りの指導もございます。幼児検診や学校の歯科検診から介護施設等で行う指導です。ここでは歯の健康を維持する為には、歯ブラシだけではなく生活習慣や食事の取り方から食べ方まで、また噛み方等も重要ですので、これらの改善指導も歯科衛生士が行います。

社会人・社会経験者から歯科衛生士になるメリット

経営者目線で判断し記載します。
社会人・社会経験者であることは大きなメリットとしては、新卒歯科衛生士者の方より社会の接し方を理解している点です。
歯科医院に来られる患者様は年齢もバラバラですし、新卒歯科衛生士者ばかりを集める訳にはいきませんので、開業医の方でしたら、絶対に半々くらいを目安に雇用していると思います。
また、歯科助手のスキルアップでなくとも、この歯科業界の経験が無かったとしても、ビジネスのマナーや接客の姿勢等は重宝します。
次回の治療予約やスタッフのスケジュール管理等でもパソコンを使用しますので、パソコンが使えたりしても本当に助かります。

社会人・社会経験者から歯科衛生士になるデメリット

社会人・社会経験者であることがデメリットになる事はございません。
あえて言うのであれば、年齢制限ではないでしょうか、開業したばかりの歯科医院では患者様の回転数ばかり気にしがちです。
このよう歯科医院に就職すると少し体力が必要になりますので、求人を出す際に年齢制限を設けている事がございます。

まとめ!

歯科衛生士を目指す理由や傾向では、現在歯科医院で歯科助手として勤務しており、そこからキャリアアップ。
それは、歯科医院の多くで給料面が歯科衛生士の方が歯科助手より高いからです。
この事は、当然に就職や転職にも有利となります。

一般的な職業に従事していたが、手に職を付けたいとう方です。
現実的に歯科衛生士になるには、二者択一となり、「働きながら目指す」仕事を辞めて目指す」。
普通の社会が歯科衛生士を目指すには、仕事を辞めて平日の専門学校に通学する方法と、仕事を続けながら夜間の専門学校に通学する方法があります。
この選択肢は大きく、入学から卒業までの経済状況を考慮して選んで下さい。

平日の専門学校の特徴
一般的な日中に通学する専門学校は、当然に高校卒業者がいきなり入学してきますので、元気一杯の学生が大半です。
しかし、平均的には10%~20%の社会人経験者が含まれていると言われております。

夜間の専門学校の特徴
夜間の専門学校には、同じような境遇の方が多くおり、同じ目標に向かっているので、退学者が少なく、コミュニケーションが取り易いと言われております。

夜間のメリット
仕事をしながら学校に通える為、収入が途切れる心配がありませんし、多くの方が日頃は、歯科助手として勤務し、夜間に学びに来られています。
何よりも卒業後も即戦力になる事から、勤務先の歯科医院も応援してくれます。
夜間のデメリット
仕事が終わってから学校に通うのは相当キツイと思いますが、一生ものの国家資格ですので、是非取得して下さい。

ハローワーク(職業安定所)の教育訓練支援給付金制度
(専門実践教育訓練給付金)の指定を得ている専門学校もありますので、是非参考にして下さい。

専門実践教育訓練給付金を受給できる方のうち、受講開始時に45歳未満で離職しているなど、一定の条件を満たす場合には、さらに受講中の生活を支援する「教育訓練支援給付金」が支給されます。この制度はお昼の学校に適用され、平成30年度までの暫定措置です。
支給額
雇用保険の基本手当の日額の半分程度を受講期間中の日数分給付。(欠席した日はもらえません。)
例(月20万円の賃金の方・・・月額平均 約7万円)
受給資格など詳しくはこちらへ(政府広報オンライン

歯科衛生士、就職や転職(公式)サイトのおすすめBEST2はこちら!


体験談集
体験談1
体験談2

\ SNSでシェアしよう! /

歯科衛生士のおすすめ口コミ広場~就職や転職サイトを比較して厳選しました。の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

歯科衛生士のおすすめ口コミ広場~就職や転職サイトを比較して厳選しました。の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

dentalsupport

dentalsupport

現役の歯科医師として、日々患者様と向き合っております。
それが可能なのは、歯科衛生士やスタッフのおかげです。
私は、日頃からスタッフの意見を尊重しようと心がけていますが、どうしても気遣いがみられます。
このサイトに立ち寄られた際には、是非皆様のご意見をお聞かせ下さい。

当サイトの紹介
歯科衛生士の口コミ広場では、歯科衛生士や歯科医師を志す学生から社会人の方々へ!今から目指す方や、なりたい方へ、お勧め情報の提供に特化し、もっとも最短で最適な最新情報の提供が行えるように、適正化を行っております。

また、現在歯科衛生士や歯科医師として就職活動をされている方々や、転職を考えている方々へ、給料・年収・将来性等の悩み事から、失敗しない就職サイトや転職サイト(復職・ブランク就職)の選び方等にも重点を置き、役立つ情報のみを厳選して、情報の提供ができるようにまとめました。

この人が書いた記事  記事一覧

  • №7歯科衛生士の就職や転職の悩みを理解して、就活の体験談から就職や転職で失敗しない方法

  • №6歯科衛生士、就職や転職(公式)サイトの失敗しない偉い選び方と体験談

  • №2歯科衛生士の職業|メリット・デメリットのまとめ

  • №5歯科衛生士、ハローワーク(職業安定所)のおすすめ利用法と活用法|歯科衛生士、就職や転職サイトのおすすめ人気(公式)サイトBEST2!チェックポイントを比較し利用者の体験談から選び方!|BEST3~6は歯科医師求人です。

関連記事

  • №4社会人|他の職業から歯科衛生士になるには|歯科衛生士になる為に、必要なことのまとめ

  • №1歯科衛生士を目指す学生・主婦・OL・サラリーマン・社会人|必見・必須サイト