ダイエットと脂質の関係について

スポンサーリンク
ダイエット・基礎知識編

ダイエットと脂質を正しく理解

スポンサーリンク

脂質とは

1gで9キロカロリーのエネルギーを生み出して、エネルギーは糖質の2倍ととてもパワフルです。

細胞膜や血液の成分として、とても重要です。

脂質は、私達の身体を動かすためのエネルギー源です。

脂質の特徴

構造の違いで3タイプに分類されます。

脂質とは、水に溶けずにエーテルやクロロホルムなどの有機溶媒に溶ける性質を持つのが特徴です。

細胞膜や核酸、神経組織などの構成成分として重要です。

また、1g当たり9キロカロリーという高エルギーを生み出すことから、効率のよいエネルギー源となります。

脂溶性ビタミンの吸収を助ける働きもあります。

脂溶性ビタミンの説明はここをクリック)

化学構造の特徴から次の3つに分類されます。

単純脂質

中性脂肪やろうがあり、脂肪酸とアルコールが結合した構造をしています。

中性脂肪は一般に「脂肪」と呼ばれ、貯蔵脂質として皮下や腹腔などに蓄えられ、必要に応じてエネルギー源として利則されます。

また、中性脂肪は、熱伝導性が低いので体温保持に役立ったり、弾力性があるのでクッション役として臓器を保護する働きもあります。

複合脂質

リン脂質と糖脂質があり、単純脂質の一部に他の成分が結合した構造をしています。

タンパク質と結合して細胞膜を形成するなど体組織の構成成分として重要ですが、エネルギー源にはなりません。

誘導脂質

ステロール類があり、動物の体内に存在するステロール類の多くはコレステロ―ルです。

コレステロールの説明はここをクリック)

脂質が過剰になると

糖尿病やがんなど生活習慣病につながります。

(生活習慣病の説明はここをクリック)

ここがとても大切です。

糖質制限ダイエットで、脂質制限も併用しながらダイエットを行おうとしている方が多くみられます。

正しく脂質を理解しましょう。

脂質のとり過ぎは、エネルギー過多につながり、肥満を引き起こします。

総摂取エネルギーのうち脂肪エネルギー比率が30%を超える食習慣では、糖尿病や脂質異常症、動脈硬化が起こりやすくなるといわれています。

また、高脂肪の食事を続けていると、大腸がんや乳がん、前立腺がんになりやすいことも分かっています。

注意してほしい事は、マヨネーズやバターやマーガリンの約8割が油でできています。

良質の油である、オリーブオイルやアマニ油などを摂る分には気になる問題はありませんが、日々の朝食などにも気を付けたいですね。

特にダイエット時の食事は注意して下さい。

ここでは、ダイエットを行う時に、注意したい点を中心に、詳しく医学的知見を誰にでも分かるように説明していきます。

脂質が不足すると

生体膜が弱くなり脳出血の危険性が増しますし、短命だと言われています。

 

脳出血、脂質と脳出血・・・?

驚かれたかも知れません、しかし健康的にダイエットをする上でとても大切な事です。

下に記載していますので読んで下さい。

健康油は脂肪がつきにくい

体に脂肪がつきにくいと宣伝されている特定保健用食品の健康油の主成分は、ジアシルクリセロールというグリセロールに脂肪酸2分子が結合した油脂です。

小腸で吸収が抑制されたり、吸収されても中性脂肪になりにくく、食後の中性脂肪の上昇を抑え、皮下脂肪になりにくいといわれてます。

脂質まとめ

構造       :脂肪酸と各種アルコールが結合した高分子化合物
生理作用     :エネルギー源、細胞膜の構成成分、体温の保持、衝撃への保護など
供給源      :油脂、肉、魚、種実など
とり過ぎた場合  :肥満、脂質異常症、動脈硬化、糖尿病、がんなど
不足した場合   :脳出血、短命
1日の摂取基準  :30~69歳 総エネルギーに占める脂質エネルギー比 20~25%未満

主な脂質の種類

中性脂質の模式図

脂肪酸3分子とアルコールの一種であるグリセリン1分子が結合した構造をしている。

総脂質の一日摂取基準 総エネルギーの占める割合

生体の脂質とは

生体内での機能や形態から以下の3つに分類される。

循環脂質

所在:血液・リンパ液
種類:リン脂質・中性脂肪・コレステロール・遊離脂肪駿

構造脂質

所在:細胞膜・脳神経細胞
種額:リン脂質・糠脂質・コレステロール

貯蔵脂質

所在:脂肪組織・肝細胞
種類:中性脂肪

 

 

「脂肪」

 

コレステロ―ル

 

脳出血

 

by ドクター

アドバイス

良質な植物性油は腸を刺激し、便秘改善につながります。

特に、植物性油の中では、オリーブオイルが抜群でしょう。

オレイン酸という成分が含まれており、オレイン酸は腸に届くとぜん動運動を促してくれます。

さらに、潤滑油の役割を果たし便の通りも非常に良くなります。

脂質はダイエットの大敵と思い込みやすいですが、痩せる手助けをしてくれる脂質もあります。

体の代謝を活発にして、脂肪細胞の増加を抑制する事でダイエット向きである脂質もあります。

ダイエットを考えるなら、脂質の種類や性質を見極めて良い脂質を知ることがとても大切です。

脂肪の性質は、それを構成する脂肪酸によって全く異なりますので、再度確認しましょう。

肉類や乳・乳製品の脂肪に多く含まれる飽和脂肪酸と、植物の油や魚介類に多く含まれる不飽和脂肪酸とに大別されます。

不飽和脂肪酸は、化学構造の違いからオメガ3系、オメガ6系、オメガ9系に分類されます。

オメガ3系はα-リノレン酸の多い亜麻仁油やエゴマ油などです。

生活習慣病の予防も期待される働きをもっているのが特徴です。

オメガ6系は、料理に多く使用されるリノール酸の多い大豆油、コーン油などです。

また、オメガ9系はオレイン酸の多いオリーブ油、菜種油などです。

体内で酸化しにくい性質があるので、有害な過酸化脂質を作りにくいが特徴です。

上記の脂質の性質を理解した上でダイエットに最も適した脂質は、新鮮なオリーブを圧搾して作ったエクストラヴァージンオリーブオイルです。

オリーブオイルには抗酸化作用の強いポリフェノールやオレウロペインが豊富に含まれ、体内で脂肪細胞が増加するのを抑制してくれます。

また、加熱に強く、炒め料理にも最適です。

糖質制限ダイエットは、完全に糖質をとらないのではなく糖質のとり過ぎを防ぐ事を意味しています。

糖質ではないからといって、脂質をいくら摂取してもよいというわけではありません。

特に脂質は脂なので、とり過ぎるとカロリーオバーする事があります。

糖質制限ダイエットと称して、ご飯などを控えて、肉や野菜を沢山食べるというのはよいですが、体内で消費できない分のカロリーは脂肪となって体に蓄えられてしまいます。

とりすぎには注意しましょう。

ただし、通常の範囲ならばとっても問題ありませんので、出来る限り体に良いを脂質を選び、摂取するようにしてください。

脂質を摂取する時は、良質な脂質を摂取するのがおすすめです。

 


コメント