ダイエットとセレンの関係について

スポンサーリンク
ダイエット・栄養素の基礎知識(ミネラル編)

ダイエットとセレンを正しく理解

スポンサーリンク

セレンとは

過酸化物質を分解する酵素の成分であることから、細胞のサビつきを防ぐミネラルとして注目されています。

セレンの生理作用

抗酸化力のある酵素の成分

セレンは体内に10㎎ほどしか含まれていませんが、体内で生成した過酸化物質を分解する酵素の重要な成分として、ビタミンE同様に老化予防やがんを抑制する働きが注目されています。

ポイント!

ダイエットには必須のセレンで、過酸化物質を素早く分解して綺麗にダイエットしましょう。

過酸化物質の説明はここをクリック)

セレンが過不足になると

普通の食事では心配いらない

通常の食事では、過剰症や欠乏症を起こすことはありません。

セレンは、毒性が比較的強く、錠剤などで過剰にとると中毒を起こします。

脱毛や爪の変形、嘔吐、下痢、しびれ、頭痛などが現れます。

また、中国の一地域では、土壌のセレン濃度が低いことが作物に影響し、セレン欠乏による心筋障書が発生しました。

ポイント!

摂り過ぎはいけませんが、不足する心筋障害の方を用心しなければなりません。

無理のないダイエットを行って下さい。

心筋障害の説明はここをクリック)

セレンまとめ

化学記号      :Se
体内分布      :肝臓、腎臓
生理作用      :抗酸化作用で細胞の酸化を防ぐ
とり過ぎた場合   :脱毛、爪の変形、幅吐、下痢、頭痛、しびれ
不足した場合    :克山病(中国で発見された心筋障害の一種)
1日の摂取基準   :成人男性 30ug 成人女性 25ug 上限 220~300ug

セレンを多く含む食品

魚介類、セレン濃度の高い土壌で育った植物に多い。

セレンの1日摂取基準


コメント