ダイエットとモリブデンの関係について

ダイエット・栄養素の基礎知識(ミネラル編)
スポンサーリンク

ダイエットとモリブデンを正しく理解

モリブデンとは

体内において、尿酸という最終老廃物をつくり出すために不可欠な酵素の働きを助ける重要なミネラルです。

モリブデンの生理作用

尿酸の代謝にかかわる

体内のモリブデン量は、成人の場合でもわずか9㎎以下ですが、体内活動で発生した物質を尿酸という最終老廃物に変えていくために不可欠な酵素の働きをサポートする重要な働きをしています。

ポイント!

尿酸変換がスムーズに行われないと、中々ダイエットが成功しません。

女性の中で意識してレバーを食べる方も多いですが、意識していても不足しますので積極的に摂取して下さい。

尿酸の説明はここをクリック)

モリブデンが過不足になると

普通の食事では過不足は起きない

食事が原因で、モリブデンの過剰症や欠乏症になることはありません。

仮に大量にとっても、比較的無毒だと考えられていますが、尿中に銅の排泄量が増えてしまいます。

また、土壌や飲料水中にモリブデンの濃度が低い地域で食道がんの発生率が高かったという報告から、モリブデン不足とがんの関連性が指摘されています。

ポイント!

上記は一般的に言われている事を記載していますが、多めに摂取しても無毒ですので、積極的に摂り込み老廃物の排出量を増やして、綺麗にダイエットし健康な体を作りましょう。

モリブデンまとめ

化学記号      :Mo
体内分布      :肝臓、腎臓
生理作用      :尿酸をつくり出す働きをサポート
とり過ぎた場合   :尿酸値が高くなる、銅の排泄量が増える
不足した場合    :発がんの可能性
1日の摂取基準   :成人男性 20~30ug 成人女性 20~25ug 上限 450~600ug

モリブデンを多く含む食品

レバー、豆類、種実などに多く含まれている。

モリブデンの1日摂取基準


コメント