ダイエットとマンガンの関係について

スポンサーリンク
ダイエット・栄養素の基礎知識(ミネラル編)

ダイエットとマンガンを正しく理解

スポンサーリンク

マンガンとは

骨の発育に重要なミネラル。

また、体内で重要な働きをる酵素の構成成分としても欠かせません。

マンガンの生理作用

代謝や抗酸化をサポート

マンガンは体内に10㎎ほど存在し、骨の発育に重要な働きをしています。

また、糖質・脂質・タンパク質の代謝にかかわる酵素の成分として、抗酸化作用のあるスーパーオキシドジスムターゼなどの酵素の成分としても不可欠です。

ポイント!

子供の背を伸ばいしたいと思う親は多いのですが、カルシウムばかりでは伸びません。

マンガン不足にならないように注意が必要です。

スーパーオキシドジスムターゼの説明はここをクリック)

マンガンが過不足になると

過剰も不足も起こりにくいです。

普通の食事で過剰症は起こりません。

マンガンを取り扱う作業に従事する人に中毒症が起こる場合があります。

一方、欠乏症も知られていません。

必要量が少ないうえ、植物性食品に広く含まれているためです。

動物実験では、欠乏すると、骨の成長障害や生殖機能障害などが見られます。

ポイント!

偏食による無理なダイエットは不足しますので厳禁です。

バランスを意識しましょう。

どうしても、食事バランスに自信がもてないのであれば、マンガンサプリメントで補うように心がけましょう。

生殖機能障害の説明はここをクリック)

マンガンまとめ

化学記号      :Mn
体内分布      :肝臓、膵臓、毛髪など
生理作用      :骨や肝臓の酵素作用の活性化、骨の発育促進
とり過ぎた場合   :特殊な中毒以外に過剰症は見られない
不足した場合    :骨の発育不良、生殖能力の低下
1日の摂取基準   :成人男性 4,0㎎ 成人女性 3,5㎎ 上限 11㎎

マンガンを多く含む食品

茶葉、種実、穀類、豆類に多く含まれる。

マンガンの1日摂取基準


コメント