ダイエットとフラボノイドの関係について

ダイエット・話題の機能性成分・注目の有効成分
スポンサーリンク

ダイエットとフラボノイドを正しく理解

フラボノイドとは

ポリフェノールに属する水溶性の植物色素で、抗酸化作用や毛細血管を強化する働きなどが知られています。

フラボノイドの特徴

ほとんどの植物性食品に存在している

★緑や白の野菜、かんきつ類に多い

フラボノイドはポリフェノールの一種で、植物に含まれ、おもに淡黄色の色素です。

化学構造上、2つのベンゼン環を3つの炭素原子でつないだジフェニルプロパン構造を持つ化合物の総称で、ビタミンPとも呼ばれます。

レタスや春菊などの緑色の野菜や玉ねぎなどの白い野菜、大豆、緑茶、かんきつ類の皮などに多く含まれています。

★構造の違いで分類できる

フラボノイドには多くの種類があり、構造の違いからフラボン類フラボノール類フラパノン類、イソフラボン類に分類されます。

またカテキン類やアントシアニジン類をフラボノイドの仲間と分類することもあります。

フラボン類の説明はここをクリック)
フラボノール類の説明はここをクリック)
フラパノン類の説明はここをクリック)

フラボノイドの働き

抗酸化作用に加え、多くの働きが解明されつつある

★抗酸化作用は共通の働き

数多くあるフラボノイドですが、ポリフェノールの一種のため、それぞれに抗酸化作用があります。

日本人は食事から1日数十~数百ミリグラムのフラボノイドをとってると推定されています。

ただし、外食の機会が多くて野菜不足になりがちな人は、かなり摂取量が少ないと考えられます。

抗酸化作用の説明はここをクリック)

★血圧や血糖を調整する効果も

フラボノイドに特徴的な機能は、毛細血管の浸透性を向上させる点です。

そのため血圧を適正にコントロールしたり、高血糖になりにくくするという作用が期待できます。

ほかにも成分によって固有の作用が解明されつつあり、生活習慣病予防などに有望な機能性成分といえます。

ポイント!

高血糖の言葉はよく耳にしますが、正しい知識で理解していますか。

ページの最後に詳しく医学的知見から誰にでも分かるように記載しています。

高血糖の説明はここをクリック)

フラポノイドの多い食品

数千種類が確認されており、構造によって分類されています。

代表的な種類としては次のようなものがあります。

 


コメント